男性更年期障害・ED・AGA

男性更年期障害について

男性更年期障害について加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の低下によって、引き起こされる症状です。更年期と言えば女性のイメージがありましたが、近年のメディアの発信によって男性更年期障害の知名度も伸びてきています。

40代後半から発症がみられ、患者数が最も多いのは50~60代の男性です。中には、70~80代で症状を抱えている方もいます。テストステロンの量は10代前半から急激に増加し、20歳ごろをピークに、年齢とともに減少し始めます。

しかし何らかの理由で、急激にテストステロンが減少してしまうことで、さまざまな体調不調を引き起こされます。テストステロンの減少の要因は複数あり、代表的な原因はストレスです。ストレスを抱え続けることで交感神経が優位になる状態が続き、テストステロンの減少が生じてしまいます。

男性の50~60代に患者数が多い理由は、加齢に加えて、職場でも家庭でもストレスの多い年代だからとも言われています。

症状

身体症状では、朝立ちがなくなったり勃起不全(ED)が起きたりするなど、男性機能の低下がみられます。ほかにも、のぼせ感・多汗、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛、筋力低下、骨密度の低下、頭痛、めまいなどの症状も現れます。

精神症状としては、不眠や無気力、イライラ感、性欲減退、集中力・記憶力の低下、うつ症状など現れます。さらに男性更年期障害にかかると、メタボリックシンドロームや心筋便塞、脳梗塞などの生活習慣病のリスクが上昇します。

診断

問診票と、「AMSスコア」という質問票などを記入していただいてから、午前中に採血検査を行い、テストステロン値を調べます。

治療

漢方薬や、テストステロン補充療法(TRT)による投薬治療と並行して、生活習慣の改善も行います。

TRTでは主に、経口剤、注射剤、皮膚吸収剤などがありますが、日本では「注射剤エナント酸テストステロン」のみ保険診療(1回250mgを2週間毎)になります。筋肉量、筋力、骨密度、インスリン感受性、気分性欲、健康感の改善に効果があります。

また、治療前には、前立腺がんの有無を必ずスクリーニングし、定期的にPSAを測定していきます。

ED(勃起不全、勃起障害)について

ED(勃起不全、勃起障害)について正常な勃起を行うには、ペニスの中の「海綿体」という血管の塊に血液が十分に充満し、維持できることが重要です。しかし、何らかの理由で、勃起をする事が出来なくなることを「ED(勃起不全、勃起障害)」と呼びます。

日本国内の統計によりますと、軽度のEDを含めたら患者数は1800万人になり、3人に1人がEDという割合になります。

原因

EDは大きく分けると、血管や神経の障害による「器質的ED」と、精神的ストレスなどによる「機能的ED(心因性ED)」に分類されます。 血管障害の原因は、加齢や高血圧、糖尿病、脂質異常などの生活習慣病があげられます。

神経の障害原因としては、糖尿病、骨盤内手術などがあります。機能的(心因性)の原因では、うつ病などの精神疾患が挙げられます。

診断

国際勃起機能スコア(IIEF)などを用いて、慎重に診断を下します。

治療

ED治療薬バイアグラが誕生したことを機に、今まで困難を極めていたED治療は手軽なものになりました。現在では、バイアグラやレビトラ、シアリス(各ジェネリック医薬品)が処方されます。効果に個人差はありますが、有効率は70~80%程度だと言われています。

※網膜色素変性症、重度の肝障害、低血圧症、硝酸剤を内服中の方には処方できません

バイアグラ

  • 色・形…青・ひし形
  • 有効時間…短め
  • 行為の何時間前に服用すればいいか…1時間前
  • 食事との影響…受けやすい

レビトラ

  • 色・形…オレンジ・丸形
  • 有効時間…中間
  • 行為の何時間前に服用すればいいか…1時間前
  • 食事との影響…中間

シアリス

  • 色・形…黄色・ドロップ型
  • 有効時間…長め
  • 行為の何時間前に服用すればいいか…3時間前
  • 食事との影響…受けづらい

※当院では、バイアグラ、シアリスのジェネリックを扱っています。

内容 値段
初診料 2,200円
再診料 1,100円
ED シルディナフィル(バイアグラ)50mg/1錠 1,000円
タダラフィル(シアリス)10mg/1錠 1,500円
タダラフィル(シアリス)20mg/1錠 2,000円

AGA(抜け毛・薄毛)について

AGA(抜け毛・薄毛)についてAGA(Androgenetic Alopeciaの略称)とは「男性型脱毛症」のことです。成人男性によくみられる、髪が薄くなる状態のことを指します。思春期以降の年齢に発症し、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方もしくは双方から薄くなるのが特徴です。

主な原因は、遺伝や男性ホルモンの影響だと言われています。抜け毛・薄毛が徐々に進行していき、「朝起きたら枕に髪の毛がびっしりついている」「洗髪すると抜け毛が多くてびっくりした」などの症状が現れます。

また、毛包がきちんと成長しないので、髪の毛が太く長く育たずに抜け落ちてしまいます。ただし薄毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包がある限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があるのでご安心ください。

原因

AGAの脱毛部には、高濃度のDHT(ジヒドロテストステロン)がみられます。この物質によって、ヘアサイクルの成長期を短くなってしまいます成長期が短くなるので、髪の毛が長く太く成長する前に抜け落ちます。そのため、細く短い髪の毛が多くなり、うす毛が目立つようになってしまいます。

原因

治療

  • 内科的治療(医療機関で処方される薬、もしくは薬局で購入可能な一般医薬品) ※当院では、内服薬として、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの処方を行っております。
  • 外科的治療(医療機関での自毛植毛術)
  • 整容的対処(かつら、ウィッグなどの使用)

よくある質問

どれくらいの期間で効き始めますか?

治療の効果は「抜け毛が減ったかどうか」を目安にします。その判断を行うには、約6か月の服用が必要です。

薄毛が改善したら、服用をやめても大丈夫ですか?

服用中止すると再度、薄毛が発生します。治療の継続につきましては担当医へご相談ください。

服用時間は何時にすればいいですか?

食前、食後のどちらかで構いません。

頭皮につける育毛剤・発毛剤と併用できますか?

併用しても結構です。頭皮につける育毛剤・発毛剤と併用した場合の安全性につきましては、問題が起きた事例はありません。

女性は使えますか?

男性のみ服用してください。妊娠中の方が服用してしまうと、男子胎児の生殖器官等の正常発育に、影響を及ぼすリスクがあります。

TOPへTOPへ